嘘のペニス増大サプリの特徴|詳しい成分が書かれていない

効果だけをアピールしている

ペニス増大サプリの中には、一応の成分が含まれてはいるものの、高い効果が見込めなかったりコストパフォーマンスが異様に悪い嘘とも言えるものが紛れ込んでいる場合があります。そんな嘘のペニス増大サプリを見抜く基準のひとつとして、成分をしっかり確認する方法が挙げられます。

嘘のペニス増大サプリは大抵有効成分の種類が少なく、形だけをサプリメントにしてあることが多いです。その方がコストが安く済み、利益が大きくなるからです。さらに質の悪いペニス増大サプリになると、まず成分がはっきりと提示されていないこともあります。

そのような問題をカバーするために言葉巧みな宣伝で、さも高い効果が出るような表記がされています。あまり詳しくない人が見ると、信じてしまいそうなほどクオリティが高いものも少なくありません。そのような嘘に騙されてしまわないようにするには、購入者側が冷静になって選択の候補から除外するしかありません。

成分量が書かれていない

確かな成分が入っているペニス増大サプリであれば、その内容量をしっかりとアピールすることができます。
しかし嘘のペニス増大サプリはその点を強みにできないため、誤魔化そうとしてきます。そのため宣伝文句があいまいになってしまうのも特徴です。具体的にどのようなメカニズムによって効果が期待できるのかではなく、「元気になる」「疲れが取れる」と言った内容になると要注意です。

そしてその少ない成分が、大量に含まれていた場合に期待できる効果をアピールします。もちろん十分な量がないと実際の効果は微々たるものになる可能性が高いですが、一応は嘘を言っていないので追及することは難しいです。

ただ成分量を全く提示していないと法律に抵触する恐れもあるため、こっそりと記載してある場合もあります。ペニス増大サプリに関してある程度知っている人からすると、量の少なさと価格の高さとの差に呆れてしまうかもしれません。

まとめ

ペニス増大サプリは注目度が高く、購入する人は数多くいます。そのため中には悪質な製品も混ざり込んでしまうのは仕方ないかもしれません。そしてペニスのサイズを気にする男性の足元を見て、微々たる成分で高額に設定しているものは実際にあります。

そのような嘘のペニス増大サプリを間違っても購入してしまわないように、慎重に選びましょう。見るべきポイントは製造側が宣伝している内容ではなく、具体的な成分の種類と量です。